もっと可愛くなろう

小顔になるためにボトックス注射を受けよう|副作用に注意が必要

美容整形が人気な理由

顔を触る人

男性からも人気を集めている美容整形方法といえば、ボトックス注射です。簡単にシワの対策を行うことができますが、副作用として眼瞼下垂が症状として出ることがあります。ただし対策などにより症状が発生することが稀なため、安心して利用することが可能です。

シワの改善に効果的な治療

カウンセリング

副作用も少なく施術も手軽なことからボトックス注射は、美しさを望む女性に人気の施術です。術後の結果がすぐに実感できるのもボトックス注射の魅力です。ただし、まったく副作用おこらない訳ではないので気になることがあれば早めに医師に相談しましょう。

小顔になるための方法

女の人

えら張りさんの小顔術

憧れの芸能人やモデルはみんな小顔。9等身美女と呼ばれるような人は手足も長いですが、そもそも顔が小さい。憧れの芸能人やモデルのように小顔になりたいとあなたが感じたとき、いくつかの方法があります。顔のむくみをとる、お肉を落とす、骨を削る、と色々ありますが簡単に小顔にできる方法のひとつが「えらのボトックス注射」です。えらの筋肉にボトックスを注入することで、えらの筋肉が細くなり小顔効果が期待できるというものです。マッサージでむくみをとったり、ダイエットをして顔のお肉を落としたりするのは時間も労力もけっこうかかります。ましてや、骨を削って小顔にするのはものすごい大手術です。その分費用もかかりますし、手術後のダウンタイムもかなりかかります。それに比べて、ボトックス注射をするだけで簡単に小顔になれるなら、こんなにうれしいことはありません。使っている薬剤や注入量によって金額も変わってきますが、費用は骨を削る手術に比べると格段に安く済みます。さらに、術後のダウンタイムも骨を削る手術に比べて圧倒的に短いです。注射の跡が少し残る位で、化粧で隠せますし、何日か経てば注射後は消えてなくなってしまいます。この小顔法に向いているのは、ベース型の顔をしている人が向いています。ぐっと奥歯をかみしめたとき、両あごがモリっとふくらむ方はボトックス注射での小顔に向いている人です。比較的アゴが長く、顔が大きく見える人はこの方法は向いていないでしょう。さっそく試してみようとなったら、気になるのが副作用です。後遺症が残ることや、どんな副作用があるかわからないと不安で試してみようとは思えませんよね。小顔効果を期待したボトックス注射の場合、副作用として頭痛、顔への違和感、表情が出しにくい等があるようです。しかし実際、えらのボトックス注射を経験して感じた副作用は注入直後にある多少の違和感とアゴが疲れるというくらいでした。固いスルメやおせんべい、ステーキを必死で噛みしだいたりすると、注射をしてなくてもアゴって疲れますよね。ボトックス注射ではえらの筋肉をボトックスの効果で細くさせているため、その分アゴが疲れるかなという感じです。アゴが疲れるほど固いものを食べるということは、それだけえらの筋肉を使っているということ。無意識にアゴの筋トレをしているようなものです。なので、アゴが疲れるほど固いものを食べると、せっかくボトックス注射で細くした筋肉が鍛えられてしまうのです。毎日固いスルメやおせんべい、ステーキを食べる人はあまりいないでしょうが、この注射で小顔にしたいという人はアゴが疲れる固い食事は避けるべきです。

向上する美容医療

ドクター

女性の間でボトックス注射などの美容施術が流行ってきており、日帰りで受けれるタイプが多いので評判が上がってきています。昔と比べて美容医療の技術が向上しているので、副作用のリスクが低くなってきているようです。

シワ取り注射の費用

注射器

ボトックスの費用は注射する部位や薬剤の分量によって異なり、狭い範囲のシワ取りなら1万円〜3万円程度で利用できます。ボトックスは顔の筋肉を弛緩させるため、表情が不自然になる等の副作用が現れることがあります。